自動車ローン

自動車ローンについて

自動車ローンは、車を購入するためには欠かせません。これまで自動車ローンと言うと、ローン信販会社が販売店やディーラーと契約し、購入時に販売店やディーラーを介して契約するのが普通でした。

 

しかし最近では、販売店やディーラーとは独立した形で契約できるようになってきました。自動車ローンは、通常のローンより金利が低く、種類がたくさんあるので、利用する時は、色々な業者を比較検討する必要があります。自動車ローンを借りる際には審査が必要で、これにパスしなければなりません。

 

安い金利の自動車ローンほど審査基準は厳しく、金利が高いところは、審査が緩くなります。自動車ローンを利用もする場合は、固定金利と変動金利に注意しなければなりません。変動金利のほうが固定金利よりも金利が安い傾向にありますが、それだけで判断してはいけません。

 

なぜなら、固定金利は契約した時点で完済すべき額が決定しますが、変動金利は契約した時点では完済額がわからないからです。変動金利の場合、将来的に金利が上昇して、完済額がかなり増えてしまうリスクがあります。

自動車ローンの種類

自動車ローンには、信販会社や自動車ディーラーのクレジットと、銀行や信金が取り扱うローンがあります。クレジットは審査が通りやすく、短時間の審査で済みますが、ローンよりも金利が高いデメリットがあります。

 

ローンは、主に銀行、信用金庫、信用組合、ろうきん、JAなどが取り扱っていて、金利が安く、購入したその日から車の所有者になることができます。ただし、手続きが面倒で審査に時間がかかります。

 

自動車ローンの種類は3種類に大別することができ、まず、銀行のマイカーローンがあります。審査がもっとも厳しく、正社員として最低5年以上は勤務していなくてはなりません。そのため、新入社員や契約社員、フリーターなどは審査に通りません。審査日数もかかり、一週間以上はかかります。

 

もう1つは、販売店、ディーラー系、信販系のマイカーローンです。金利がやや高いのが特徴で、安く記載されているところでは、車体価格に上乗せしている場合や別途保証料が必要になるケースがほとんどです。最後にファイナンス系のローンがあり、審査が他の自動車ローンと比べて柔軟なのが特徴です。

 

 

即日カードローン | スピード審査・即日融資のキャッシングなら!